最も完全な復刻時計(レプリカ時計)メーカーの生態チェーン

最も完全な復刻時計(レプリカ時計)メーカーの生態チェーン

プラントN、JF、V6、ZF、XF、MK、VS、V9、BM、TF、GFなどは実際の工場ではありません。厳密に言えば、これらの工場名は開発者または投資家としか呼ばれません。工場名の開発者は個人またはコンソーシアムである可能性があり、他のさまざまな業界にも関与している可能性があります。たとえば、工場Aの開発者も自動車部品に投資し、B工場の開発者は金融にも投資し、C工場は飲食物にも投資し、D工場はプラスチック手術にも投資しました…広州のこの大きな市場にはあらゆる種類の産業があります。

実際、自分の工場を持っている人は一人もおらず、N工場も例外ではない。
その商品はどこから来ましたか。
主に4つのルートがあります。

一、加工の代行

分散して、アクセサリを処理および製造するOEMの工場を見つけ、それらを時計に組み立てます。開発者はまずオリジナルの本物の製品を購入し、次にすべての部品を分解します。ケースはケース工場で製造され、ストラップはストラップ工場、針工場、文字通りの工場、ガラス工場で製造されています。これらの部品工場のほとんどは、主に东莞と深圳で定期的に注文を行う工場です。付属品が到着したら、ムーブメントをまとめて購入します。すべての付属品が揃ったら、アセンブラーがワークショップで組み立てることができます。大規模な工場の開発者は通常、独自の時計組み立て業者と修理業者を持っています。一部は時計組み立て工場に直接委託されています。

二、販売の引き受け
商品を抑制して調査されるリスクを回避するために、一部の開発者は時計を組み立てた後、非常に低価格で商品を直接人に渡します。引き継ぐ人は自分に工場名を付けて、このスタイルを付けることができます。価格を設定し、好きなことをすれば、あなたは工場名の所有者になります。リスクと利益は共存し、売れ行きは良く、お金を稼ぎます。売れ行きが悪ければ、ストークになります。

三、両方がすべてを取ります

開発者は独自のレギュラーブランドだけでなく、レプリカ時計のOEM生産も行っており、同じスタイルが2つのチャネルで販売されています。たとえば、タオバオでウォーターゴーストウォッチを検索すると、ロレックスのウォーターゴーストウォッチがたくさんありますが、LOGOはロレックスではなく、ABC(仮名)と呼ばれ、ブランドABCは彼自身の登録であるため、誠実に取引することができます。 彼はそれを好きなように売ることができ、モールに行って物理的なカウンターを開くことができます。これは、一部のモールで聞いたことのない一部のブランドに当てはまる可能性が非常に高いです。同時に、 Rolexブランドでイミテーションウォッチを個人的に発行しており、LOGOを2部、2面に変更するだけで、双方で収益を上げることができます。しかし、この種のリスクも大きいです。

第四に、国内、さらには世界でさえ、コピーの腕時計最大の取引市場がどこにあるか、つまり広州であり、時計が広州駅西にあるかを知る必要があります
十数年以前の駅西では、購入者、個人の顧客、屋台の所有者、ストリートベンダー、外国の購入者など、あらゆる種類の人々でいっぱいのトラフィックが毎日絶え間なく流れています…現代版の『清明上河図』のようになります。
当時、駅西は基本的に安かったです。普通のコピーウォッチは、映画「ヤクザ」の山鶏の偽のロレックスのデイトジャストのようで、腕はたたかれて,時計のレンズカバーが落ちしまいました。そのような品質ということです。 悪いのは基本的に合金ケースで、手に持ったときのプラスチックに似ていますし、スチール製の時計の方が合金よりちょっと良いです。ウォッチがすべて写真のように製成されています。本物の型抜きはもちろん、1:1のものはありません。だから、高級クラスウォッチを作るために、以下の工場があります。

 上記の4つのポイントを理解できた場合にのみ、以下の紹介を読み終えるか、理解し、今日のトピックにアクセスする資格が得られます。主要なレプリカ時計メーカーの起源と主力モデルを紹介して、レプリカ時計を選択する際に誰もがいくつかのアイデアを持っているようにしましょう。明確な方向性、ヘッドフライなしの時計購入の時代に別れを告げる(注:1、以下の導入順序は、レプリカ時計の現在の市場人気に準拠しており、販売シェア、品質、強度とは関係ありません。2、高級品質の工場名のみが表示されます)

ご購入はこちら:www.jtime.jphttp://www.jtime.jp

1、NOOB(N工場)

2003年にN工場のデベロッパーXが登場しました。当時、ファクトリーネームやファクトリーネームなどはありませんでした。この人は控えめで穏やかで,誠実と信用が正義を持っている。当時、彼は「南方時計モール」の小さな屋台を運転しました。彼はゼロから始めて、他の人が掘り出し物を売るのを見ましたが、彼はハイエンド製品を売ることを主張しました。当時、オリジナルのサブマリーナーは海外で非常に人気があったため、彼は最初にグリーンサブマリーナー50周年記念モデルを開発しました(最初のサブマリーナーは1953年に発売されました)。彼は本物の製品を多額のお金で購入し、工場で金型を開いて生産することにしました。現在のバージョンほど仕上がりは良くありませんでしたが、当時すでに市場全体に衝撃を与えていました。ムーブメントはハイエンド(パールムーブメント)ではありませんが、サブマリーナーは密底しており、技量に重点を置いています。外部の技量は、市場の商品の品質をはるかに超えています。

この品質のおかげで、多くの外国人「複刻ファン」に認められ、多くの外国人がここで購入し、すぐに外国のフォーラムRWIやRWGで人気を博しました。外国人はそれをRepWatchと呼んでいます。
海外で人気が出ると、当然中国国内でが大人気になり、あっという間に売り上げが急増するため、規模もどんどん大きくなっています。翌年にパネライ005/111が登場されました。
当時、外国のフォーラムには良いレプリカ時計を購入したい素人というがいて、誰かがサブマリーナーとパネライ111を購入することを勧めました。これは新人プレーヤーにとって最良の選択です。
「初心者」の英語はNOOBで、後に海外でこの製品のコードネームとして定義されています。この開発者が製造した時計がNOOBと呼ばれる限り、中国ではN工場と呼ばれる今日のNOOBファクトリーに徐々に発展しました。ということは、N工場の名前は開発者自身がつけたものではありません。その後、ジャガー?ルクルト圧縮マスター、アテネダイビングシリーズ、ゴーストキング、ブライトリング、ブルーバルーン、APマルチファンクション、AP15703、フィフティファゾムス、オメガ1948、ポルトガルメーター、航海日誌、デイトナ、ヨットなどを開発しました。
2018年には、4130ムーブメントのオリジナルバージョンから変更されたデイトナが、オリジナルと同じ厚さと素材で大きなハイライトになりました。

2、V9工場


V9の前身はNoobがバロンブルーというモデルの副工場開発者です。Noobはこの開発者にバロンブルーを一手販売していました。
その後、この開発者は自分でNoobが協力した部品工場を直接見つけて生産し、バロンブルーと同じモデルのトップモデルを専攻しました。
彼は正規品の真金のデザインを金で包むことで正規品と同じ効果を達成した。
33と36 mmサイズのブルーバルーンムーブメントは直接正規品のムーブメント076ムーブメントを採用し、42 mmの直接に正規品の1847ムーブメントを採用し、コーナー最高のワニ皮を用いて、本物のドリルの代わりにチェコドリルを使用し、すべてのサイズのブルーバルーンは輸入ムーブメントであり、血本を使うことができ、各細部は非常に良く、全体の気質はオリジナルに最も近いです。
一般的に時計レプリカ消費者はブルーバルーンといえばV 6工場を考えていますが、玄人はV 9を知っています。
この工場にはその後もロレックス、オメガ、ロンジン、グラスティなどの他のブランドが開発されており、すべてのデザインが本物開型であり、「開型用原装、対比が原装がある」という趣旨を貫いています。
他の大工場が販売台数で市場を獲得しているとすれば、V 9は配置によって市場を獲得し、顧客グループは異なります。

3、JF厂


JFは、黒馬ともいえる開発者デビューが遅いが、現在の実力はNOOBに最も近く、NOOB最大のライバルでもあるんです。
2011年以前は深セン時計城で買い物をしていましたが、発展がネックになっていると思って、広州大本営に直接来て、ある陶磁器の時計工場と協力して、当時最も人気のある女装腕時計であるシャネルJ12シリーズを復刻しました。これは当時最初のセラミック時計で、出荷当初は1800CNYと高くて石英のものでしたが、それでも供給が需要に追いつかず、なかなか求められませんでした。J12で有名になった工場(Factory)で、JF工場と名付けられました。
後期セラミック時計は多くの業者に倣われ、価格競争が激しく、利益がほとんどないまで追い詰められ、諦めざるを得なかった。
2012年末、JF国連内の多くの実力のある部品工場がオーデマピゲ(AP)を研究開発し、海外の実力売り手に普及させ、26470、26170、GP、シューマッハなどの複雑なデザインを多く発売し、作りの質とN工場に勝るとも劣らず、しかもデザインが非常に揃っています。
2015年までに、すべてのムーブメントがアップグレードされ、大三針のモデルはすべて3120ムーブメントに変更され、多機能のは3126ムーブメントに変更され、ムーブメント甲板は非常にきれいで、JF工場は鬼に金棒になりました。
オーデマピン(AP)正規品のあるデザインであれば、ほとんどJFで買えます。今市場はハイエンドのAPを考えるとJF工場を思い出します
主力モデルにはHublot、デイトナ、GMT、サブマリーナー、バロンブルー、パイロットなどがあり、かつてのサブマリーナーV10はN工場を息苦しくさせ、N工場を何度もエスカレートさせたサブの各細部を追い込んでボス地位に戻ることができました。バロンブルー、パイロットとHublotは主に海外に販売され、デイトナ、ロンジンムーンフェイズは徐々に神壇から下がっていました。

4、ZF工場(ZFactory)

ZF工場です。
開発者も典型的な裸一貫からスタートし、約2005年に市場がスタートして小売をし、海外の顧客も考慮して、その後は専攻販売に発展し、人の販売能力と長年蓄積された人脈によって、ハイエンドの復刻界で販売量が首位を占めています。大工場の商品はすべて最初に彼に売って、彼は良い商品に出会っても直接独占できて、多くのデザインは彼を経由して初めて商品を受け取ることができます。彼はかつてNOOB、JF、V6の最も実力のある流通会社であって、いくつかの大工場はこれほど有名であって、彼が戦功を立てました。
2012年まで、あるトルコ商人は、V6工場のパートナーの一人でもあり、海外のハイエンド復刻技術を手にし、市場を風靡したパネライPAM 386復刻を開発しました。ケースもムーブメントも当時は本物と見分けがつかないです。しかし、外国籍の人なので、十分な販売人脈がなかったので、ZFと協力して、すべてZFに商品を販売して、彼は商品を作るだけだった。当時はトルコ人が作ったものだと誰も知りませんでした。トルコ人が386がこんなに売れているのを見て、欲張りが足りなくて、プライベートで自分で工場名KWを作って自分で直接市場に売り、同時にZFへの利益空間が小さくなったとは思わなかったです。その後、ZFにその中の隠し事が発見され、双方は顔を破り、協力を中止しただけでなく、「深い恨み」を結んでいました。
2013年、ZFはあっさりと販売を放棄し、一心不乱に自分の出金に投入し、自分で部品工場を見つけ、パネライ386とパネライ441も開発し、その時ZFの工場名が正式に設立されました。同時に、ZFとKWは2人の最大のかたきとなり、何でも相手にして、基本的にはパネライのデザインです!後続のパネライ382、305、441、312、604、616の多くのデザインはすべて衝突して、衝突するとファイトプライスになっています。
2015年、ZFはIWC複刻 ポルトギーゼ 7DAYS IW500107を開発し、非常に成功しました。ムーブメント工場と契約しているため、ムーブメント工場はこのベースムーブメントのみをZF工場とYL工場の2つの開発者に割り当て、ムーブメント機構やピンホール位と正規品が非常に近く、ハウジング字面などの部品の厳選を加えて、すぐに市場に認められ、まさに販売台数の神器です。今までブドウ七は複刻界の大ヒットでした。熱いうちに鉄を打つと、ZFはまた多くの古典的なデザインを開発しました。

5、HBBV6工場(V6Factory)


V6工場はHBB工場とも呼ばれていますが、HBB(HublotBig Bangの英語略称)の開発でスタートし、6人のパートナーが組んでいることで知られているため、HBBV6工場とも呼ばれています。
V6工場は実際にはN工場よりも早くコピー時計に足を踏み入れており、04年前は海外市場しか作っていなかっただけで、国内ではほとんど知られていない。初めて海外で一躍有名になったのはv6工場で、当時海外の腕時計フォーラムは中国のコピー時計を「copy watch」と評していたが、v6は「fake watch」とされており、中国語と同じ意味を翻訳していたが、「fake」という言葉はコピー時計の先端レベルを表していました。
こんなに多くのメーカーの中で、HBBV 6だけのペースがN工場と一致しすぎ6て、利益衝突が全くないと言えますが、ということのは、N工場で作ったのですが、V 6は全然しません。
その主な原因は2つの工場の多くの部品工場が共有されていて、例えば時計工場は同じ工場で、字面工場はまた同じです。
二人のオーナーは仲がいいので、デザインを開発する前に会って相談して、両者は衝突を避けて、決して同じデザインを開発しません。

6、MK工場(MK Factory)


MKはIWCマークでハイエンド市場に進出しているため、MK(マークの頭のつづり)と呼ばれ、開発者本人は控えめで、実務的で、商品の詳細を研究することを愛し、同時に非常に敏感な市場嗅覚、構想がはっきりしており、基本的にすべてのタイプは正確であります。
主に市場の高い模造の上でさらにアップグレードして開発して、デザインは簡単ですが、混乱の程度は非常に高いです。
価格は高くないものがいいです。本当に安くて、例えばIWC、オメガ、、ロージン、ロレックスチェリーニ、オメガなどです。

7、XF工場(XFactory)


XF工場(旧KW工場)、中にVSもあります。
KW工場は、完全にKuvarsit Watchと呼ばれ、トルコのパネライの忠実な時計ファンによって作られました。
製品は沛納海P.9000ムーブメントシリーズを主とし、同時にオメガ海馬シリーズの各種デザイン、例えば8500同軸ムーブメントのレプリカを生産し、P.9000と同様に板を覆う技術を用いて、オメガ領域で席を占めました。
KW工場のオーナーは忠実なパネライファンであるため、工場開設初期、KW工場はずっとパネライシリーズのレプリカ時計の開型制作に力を入れており、主なものはパネライP.9000ムーブメントシリーズを主とするレプリカ時計「複刻時計」があり、例えばパネライ312、359,441,438,382,508,616などであります。
上記で紹介したKWは基本的にXF工場の前身であり,2016年,V6はKWの資源を独占した後,トルコ人を追い払い,2017年にKWの工場名を使用せず,XFと改名し,XFは正式にV 6に帰属し,実際にV6と同じオーナーであった。
V6はバロンブルー、HUBOT、タグホイヤーなどです。
XFは主にパネライ、オメガ海馬などを攻撃し、また更にハイエンドの工場名-VS工場を設立し、パネライのスーパー復刻レベルを専門に生産しており、現在はP.9000あるいはP.9001ムーブメントのデザインであれば、ムーブメントと正規品までそっくりであります。

8、VS工場(VSFactory)


VS工場は2016年末にヒットしたばかりで、スーパープレイヤーさえVSアップ版の沛海441をほとんど見分けることが困難になっています。これが多くの不良業者が正規品になりすましたバージョンです。
VS工場の第1世代に基づいてオリジナル正規品のすべての構造をクローンし,第2速時計回り快調,GMTポインタ同期時計回り回転数を保持したうえで,ネジ1本あたりの位置数,大きさまで同じでありました。しかしやはり方法があり,それは3時に対応する位置の扇形運動エネルギー表示窓を見ることであり,この運動エネルギー表示は偽であり,永遠に満格エネルギーを表示しており,これが正規品との最大の違いであります。

9、TF工場(TF Factory)


TF工場、トフライホイール専門家、実力があり、品質が一流で、使用する材料と技術も極めて優れており、しかもTF工場の経営口コミも業界内で称賛されています。TF製品は高価格で高品質です。
TFメインプッシュエース:ヴァシュロンコンスタンタントゥールビヨン、ジャガールクルトトゥールビヨン、ブルガリトゥールビヨン。 さらに、2.5タンク、カリボダイビングシリーズなどが開発されました。 さらに、多くのカルティエスタイルがあり、ピアジェ、APも優れた技量であり、スタイルは多くの小さな工場がコピーしようとしているテンプレートです。

10、YL工場(YL Factory)


YLファクトリーは模造機から始まり、2015年にはポルトガルの7から始まり、市場での短期的な新規参入者の急増の前例となりました。これは、ZFの売上を揺るがした感動的な伝説です。YLポルトギーゼ 7デイズ はコストパフォーマンスで市場に一席を占めるよりも、販売量がZFを超えています(市場の人が多くYLを販売して、ネット販売者はZFを推薦することが多い)
YLポルトギーゼ 7デイズとZFのはそれぞれ千秋があり、小さい細部はZFに少し負けたが、コストパフォーマンスは非常に高いです。
YL製品ラインはロンジンムーンフェイズの全てのシリーズ7750と7751多機能シリーズ、ポルトギーゼ 7デイズ、大飛を含み、また名将双暦を発売し、製品の詳細はJFに完勝しました。
万年暦ポルトギーゼ7デイズ を研究開発するために、重金は2、3年投資して研究開発して、2017年にやっと市場を出荷して、12時の位置に曜日と日付が付いている真機能のこのポルトギーゼ7デイズ は、絶対的な一社独自です。
前のいくつかの大工場は有名ではなく、いつも忘れられがちですが、売り上げは彼らのどの家にも負けず、黙くて大储けをするようなものです。

11、AR工場(ARFactory)

2017年はサブマリーナー、デイトナ、デイトジャスト36mmなどの高級コピーで市場に進出しました。特にARの日誌モデルは偽物を本物にする程度になっており、各ケース部品までオリジナルと共通している。これはARFを大工場の列に立つことができるようにしました。一方では多くの大工場が楽屋を作っているが,一方では品物が確かによくできています.

12、VR工場(VRFactory)


2017年末には、VR工場横空が登場し、新世代のロレックスサブマリーナーシリーズ、シードゥエラーシリーズ、イエローロレゾール間金全金シリーズ、D-Blueディープシーが相次いで発売され、第1版の工芸が市場を騒がせました。
工場の主人は今でも名前を隠して姓を埋めていて,一人だと言う人もいれば,財団だと言う人もいます。
いずれにしても、ロレックスのサブシリーズのリストは完全に大工場の品ぞろえであり、大半のロレックス市場を急速に占領していました。老舗NOOBとハイエンド材質路線を歩くARに対する打撃は大きいです。そのため、現在、VRという熱流はずっと高温で下がらず、業者は表友と同様にVRのより多くの製品の更新と表モデルのアップグレードを期待しています。

13、BM工場(BM Factory)


BM工場は最初のトゥールビヨンモデル開発者は、資金が豊富で、最初にムーブメントを独占する手段で市場を開いました。真トゥールビヨンを買うには彼を探さなければならず、後ろのムーブメントを放して利益を分けられた。トゥールビヨンを専攻して、主力がブレゲのトゥールビヨン、バロンブルーのトゥールビヨンと ブランパンのトゥールビヨンです。

14、OM工場(OMFactory)

OMとJHは同じオーナーで,OMはオメガを主に攻撃することからOMと呼ばれ,シーマスターダイバー600宇宙タイミングの3字位ダブルタイムゾーンはOMによって開発され独占されており,オリジナルの海馬600と同様の機能を持つ唯一の開発者であり,後続シーマスター ダイバー300,150が予熱中である。

15、JH工場(JHFactory)

JHは、実力のある大きなグループで、わずか2年でオーデマピゲ多くの多機能デザイン、オーデマピゲ26470、26170、26703などの時計モデルを開発し、JFには彼が持っているものがあります、かつてJFの勢力に打撃を与え、その後ディトンナ4130、オメガシーマスターダイバー四針などを開発し、デザインが揃っていました。

16、BP工場(BPFactory)


BP工場はIWC Big Pilotで命名され,時間も古く,大小200以上のデザインがあり,主にロレックス(Rolex),Omega(オメガ),万国(Iwc)の3つのブランドが有名である。そのIWC Big Pilotシリーズは当時販売されていた非常に人気があり、今ではまだロングモデルです。それが作ったomegaシ⁠ーマスタ⁠ー42mm、ロレックスのオイスター パーペチュアル、デイデイト、シードゥエラーとエクスプローラーはまだ有名です。
その後、NOOBファクトリーはエクスプローラーII216570やサブマリーナー116610のようなロレックススーパーレップを発表しました。その中でエクスプローラーIIはBPファクトリーバージョンを完全に打ち負かし、ロレックスのレプリカウォッチを新しいピークに押し上げました。

17、KV工場(KVFactory)


KV工場のオーナーはアメリカの中国系で、アメリカ人と呼ばれています。 KV工場は主に国外市場を専攻しています。2016年に出た高分子材料リシャール・ミルは本当に安く、作り方はきれいですが価格は安いので、一気に多くのリシャール・ミルファンから支持されました。
リシャール・ミルのデザインは全部で、よくできていて、さすがハイエンドのレプリカ復刻ですね。

18、JJ工場(JJFactory)


2017年にデビューしましたが、迫力があり、ヴァシュロン・コンスタンタンのオリジナルモデルを搭載した唯一の開発者で、代表作はオーヴァーシーズ クロノ、フィフティーシックス コンプリートカレンダーなどは非常に先端的で、今のところ他の工場は超えられていません。

19、JB工場(JBFactory)

JB工場は、ブランパン BLANCPAINの創始者であるJacques Blancpainの略称であり、ブランパンのLOGOでもあり、その名の通りブランパンのデザインを開発してスタートし、多くのデザインのムーブメントが自分で改装開発されております。JAEGER LECOULTRE ジャガー・ルクルトのトゥールビヨン はJBによるものであります。
ブランパン6025-1542-55トゥールビヨンとブランパン5025-1530-52フィフティファゾムトゥールビヨンで有名で、ハイエンドの1対1のトゥールビヨンを専門としています。

20、3M工場(3MFactory)


3 M工場はロンジンの複雑なデザインを専攻して、2年間かけて元のロンジン42 mmマスターコークショーという時計の正規品を型開きして、各部品はネジ釘、生耳を含めて同じように作って、それに1つの専用売场をあげて彼が本物だと言っても過言ではありません。
市場では多くの人が開発していますが、最後には3 Mという黒い馬に一挙に抜かれてしまい、後発ですが実力は強いです。

=============================================================

市場には他にも多くの工場名があり,AZ,AX,AW,BF,BT,C,CX,DS,DM,EF,LH,SM,SG,HK,K,KG,MW,MC,T,NN,ZP,EL,RSなどはいちいち紹介しないです。
以上、工場名の優先順位をご紹介しましたが、どれかといえば、実力、売り上げ、年、規模などのパラメータのランキングもなく、広告成分もありませんが、必ずランキングするにはわたくしの印象の深さによってランキングしか計算できないです。

評論を発表する

あなたの電子メールアドレスが公開されることはありません。必須フィールドはブランドです。